医者と血圧を測られている患者」

それまで健康だった人でも、年齢とともに血圧は上昇していきます。
65歳以上の約60%は高血圧になっていると言われています。
加齢によって体の水分が失われると、人体は硬くなっていきます。
皮膚が乾燥しやすくなったり、関節が痛むようになるのも、体からみずみずしさが失われていくからです。
これは血管や内臓も同じことです。
血管からみずみずしさが失われると、血管が弾力性を失います。
いわゆる動脈硬化です。
血管が硬くなると、血液が流れにくくなります。
しかし、心臓は体の各所に必要な血液を送り出そうと頑張るので、血圧が上昇します。
高齢者に多く見られるのは、高齢者高血圧(老人性高血圧)です。
最高血圧の数値が異常に高くなるという特徴があります。
最低血圧は年齢による差は少ないため、最高血圧と最低血圧の差が大きくなります。
若い人の高血圧と同様に、自覚症状は目立ちません。
しかし、高齢になると重大な疾患のリスクが高くなるので、定期的な検査を受けることが望ましいです。
高齢者の高血圧対策も、通常のように食事療法や運動療法を行います。
食事からの塩分量を制限して、カリウム、マグネシウム、カルシウム、食物繊維の摂取量を多くします。
ただし、高齢者の場合、腎臓が弱っている人も多いため、カリウムの摂取も制限しなければいけないことがあります。
運動療法では、関節に負担をかけない程度の軽めの運動を実行させます。
ウォーキングしている老夫婦ウォーキング、水中歩行、ラジオ体操、などです。
もちろん、降圧剤を使った治療も行われます。
しかし、他の病気の薬を服用している場合には飲み合わせが悪い可能性もあるので、その場合には漢方薬を使って対処していくこともあります。
じっくり取り組むことが大切です。